FAVRIC感想。初のVTuberライブイベントに参加して。

幕張メッセで開催されたVRファッションリアルライブイベント「FAVRIC」に参加してきました。

僕個人にとっては初のVTuberリアルイベントかつライブイベントであったため緊張と期待の入り混じった気持でしたが、終わってみると「最高」の一言に尽きる内容でした。

では開演から終演まで、流れに沿って感じたことを書き連ねて行こうと思います。

ミライアカリ(OP DJ)

以前から気になっていたミライアカリのDJ。

選曲はVTuber楽曲のみかと思いきやアニソンやRemixも織り交ぜつつ終始会場を沸かし続けていました。

個人的には富士葵さんのTシャツを着て行った(出演しないのに)こともあって「はじまりの音」が流れた時はオオッとなりましたね。

印象に残っているのは、「ヒトガタ」のときにヒメちゃんのコマネチの振り真似をしていて会場が大盛り上がりしたことです。DJプレイだけでなくパフォーマンスでも沸かせてくれる素晴らしいOPDJでした。

今度はぜひ本人が歌って踊る姿も見てみたいですね。

出演者全員登場・ライブパート開始

大盛り上がりの中出演者全員がランウェイを通って客席の目の前に登場しました。

会場中央の花道を囲むように黒い液晶?のようなものが数枚設置されており、そこに出演者が映し出されるような形でファッションショー感を演出していました。「VRファッションライブイベント」と謳っているだけあって衣装や演出にとても力を入れているなあと感じました。

そして続くライブパート一曲目は全員での「ロキ」。ロックンロールな曲でさらに会場を盛り上げます。

アイドル部

続いて登場したのはアイドル部。シロちゃんは最近発表した新曲3曲のうちどれかを歌うのかなと思いましたが、アイドル部全体で「ダダダダ天使」「おねがいマッスル」のカバーを披露してくれました。アイドル部はあまり詳しくないのですが、よく聴くとパート分け部分でアイドル部各メンバーの声が聞こえてきて他の出演者にはない楽しみ方もできました。

また、どちらの曲も意外とダンスが激しく、アイドル部のメンバーがそれをスタイリッシュに踊りこなしているのがとても印象的でした。アイドル部もいつか全体のオリジナル曲やユニット曲を歌って踊ってくれる日が来るといいなあ…。

ピンキーポップヘップバーン

アイドル部退場と思いきやめめめが再登場、からのピンキーポップヘップバーンさん(以下PPH)の登場、「ワールズエンド・ダンスホール」歌唱。僕にとってはPPHが今回の出演者の中で一番事前知識のない演者でしたが、オリジナル曲の「P!NGPONG QUEST」もカバー曲の「アイドル活動!」も元気一杯でアイカツ好きな彼女のキャラを象徴しているような選曲で非常に楽しかったです。

余談ですが、近くのお客さんが「平田!平田!」と呼んでいたので何かと思い帰りの電車でググってその由来にクスッとしました。ご存知ない方で気になる方はぜひググってみてください。

MonsterZ MATE

今回最も楽しみにしていた出演者の一組!Twitterでセトリ公開されていた「Diver×Diver」「hero_」だけでなく「千年愛」も聴けて大満足でした…。

コーサカのラップかっこいい!アンジョーの高音素敵!MZMは動画が凄く面白くてよく見ているのですが、歌うと普通にかっこいいお兄さんなのホントずるいですよね…。今度もしソロライブがあったらぜひ行ってみたいです。

あと千年愛はMV再現の戦車がバックで走ってましたね!(帰ってMV見直して気づきました)

YuNi

YuNiちゃんは「透明声彩」と「ウタオウヨ、ウタオウヨ」を披露。燃えるスカートの衣装が素敵でした。YuNiちゃんも単独ライブにいつか行ってみたいですね。

あと個人的にこのツイートの3枚目の写真がツボです。

KMNZ

KMNZは「Augmentation」と「VR」を披露。「Augmentation」のときのビル群のような映像がオシャレだったのが印象的です。

KMNZも単独行きたいですね…。大きい会場もいいんですけど、KMNZとかMZMはライブハウスとかで皆と一緒に飛び跳ねながら楽しみたいような感じです。個人的に。

あと、Twitterで事前に公開されて知ってはいたんですが、衣装がもう素晴らしい…!本人達もMCで語っていましたが、和服ながらも可愛さやかっこよさが感じられる非常にKMNZらしい衣装だと思いました。

樋口楓

でろーんは以前から聞きたかった「Maple Dancer」と「響鳴」を披露!

どちらもライブ映えする大好きな曲です。

途中メインモニターの背景が真っ暗で何事かと思いましたが、ランウェイ正面のモニタには映像が映っていたみたいですね。ファッションライブイベントという初の試みなだけあって、演出もまだいくつか課題がありそうです。

歓声によってテクスチャが変わる衣装というのも、このVRファッションリアルライブイベントならではの演出で面白かったですね〜。

あと、Maple Dancerはやく音源化して…。

花譜

そして、お次は花譜!追加演者発表で彼女がきた時は大興奮でした。

最初に披露した曲はきゃりーぱみゅぱみゅさんの「きみがいいねくれたら」という曲です。僕は花譜の曲の中だと、少し珍しい可愛らしいテイストの「未確認少女進行形」という曲が好きなのですが、「きみがいいねくれたら」も可愛らしいながらもどこかメッセージ性を感じさせる曲で花譜ちゃんらしいカバーのチョイスだなと思いました。

次もカバーで竹内まりやさんの「プラスティック・ラブ」。

こちらは花譜ちゃんもMCで言っていた通り大人っぽい曲の雰囲気を見事に歌い上げていました。

最後は「魔女」の大沼パセリRemix ver!大沼パセリさんは「夜が降り止む前に」のRemixも担当されていますね。今回の「魔女」のRemixもぜひ音源化していただきたい…。

あと、ラスサビのタイミングだったかな…?で瑠璃鶲(今回の花譜ちゃんの新衣装)が変化した時は会場大盛り上がりでしたね。でろーんのときや後のEGOISTさんのときとかもこの衣装変化演出ありましたけど、心臓に悪いですね。いい意味で。

EGOIST

トリはEGOIST。「名前のない怪物」「The Everlasting Guilty Crown」「英雄 運命の詩」「咲かせや咲かせ」の4曲を披露しました。

EGOISTが追加発表されたとき、曲全然分からないなあと思っていましたが4曲とも耳にしたことのある曲で、勝手に身体が動いていました。

最後の「咲かせや咲かせ」では出演者全員が登場し、幕が下りました。

アンコール

少し長めのアンコールが開け、「Rookie’s Runway」と称した様々なVTuber達によるランウェイの行進と、「Dear」の歌唱が始まりました。

僕は知識が浅く、もちひよこさんやナギナミちゃん、パンディあたりしか把握していませんでしたが、「Rookie’s Runway」を楽しみにされてるお客さんも多く見受けられ、新人の方だったり個人勢の方でもこうしてファンの皆に大舞台でパフォーマンスをする機会をもらえるのは素晴らしいことだなあと思いました。

ナギナミちゃんを見るのを実は少し楽しみにしていたのですが諸事情により出られなかったようです。しかし、ビラやステッカーの配布だったり、アンコール後にCM?が流れたりと、彼女達が与えたインパクトはとても大きかったと思います。

あ、今日公開するって言ってた動画みなきゃ…。

総括

といった感じで雑に感じたことを綴ってきました。

モニタ関連のこと等いくつか課題はありそうですが、ランウェイを使った演出はとても面白かったです。来年もおそらく開催されるとのことで、非常に楽しみです。

ライブ自体には何度か参加したことがあるのですが、VTuberのライブイベントというのは初めての経験で、「今回のFAVRICが楽しかったら他のVTuberのライブイベントも行ってみようかなあ」という気持で参加しましたが、今となっては「花譜のライブ行きたい!MZMのライブ行きたい!KMNZのライブ行きたい!YuNi(以下略)」という気持でいっぱいです。

これからもVTuberのライブイベントには積極的に参加して感想を綴っていきたいと思います。

改めて、最高のイベントでした、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました